横浜市泉区 S様邸 ウッドデッキ施工事例

 施工事例データ

施工箇所 木製サンルーム
連結ウッドデッキ
築年数 7日
施工内容 下塗り(屋外用油性塗料)
上塗り(UVカット塗料)
使用商材 メルパウサーモウッド
(LUXWOOD)
担当者 8㎡
住所 横浜市泉区

リフォームのきっかけ
北米産の木材(レッドシダー)のウッドデッキが10年で腐食したたため、より高耐久性のある木材でウッドデッキとサンルームを作りたいとのことでした。そこで弊社のチラシを見て、ご連絡いただきました。
事例
お客様のご要望
サンルームとして使いたいので、腐食したウッドデッキの作り替えをして欲しいです。下地材にはウリン材を使用していただきたいです。
また、床下収納庫の作成をしていただきたく、既製サッシで換気ができるサッシをいれて欲しいです。(S様より)
事例
特徴
屋根構造をパーツで作成し、現場取り付けしました。
屋根材は紫外線カットの5mm厚ポリカーボネイト使用しています。
熱による膨張を考えてポリカー板がはめ込まれる溝の深さを調整しました。垂木の天端には防水テープ+アルミのフラットバーをかぶせていますので雨水の侵入を完全にガードしています。
サッシ周りにも防水テープを貼り、加工した木材をかぶせてシールしています。
サンルーム中には床下収納庫を設置しています。観音開きで床板が開くようになっており、災害時用の水や食料をいれる収納庫になっています。
事例


施工中の様子

施工開始です。今回ウッドデッキの一部となる木材です。 木材を指定した長さに切っていきます。 切り終えたら組み立てるための準備です。
ウッドデッキを設置する場所を確保します。 基礎作りです。重要な作業ですので慎重にしていきます。 床下収納も出来上がりです。
基礎作りです。だんだん形になってきました。 屋根もしっかり丁寧に設置します。 床下収納も設置しました。これでたくさん収納できます。
屋根も張り終えました。もうすぐ完成です。 床張りをしていきます。床下収納のことを考え丁寧にやっていきます。 ガラス張りのドアを設置すれば、ステキなサンルームの完成です。

施工が完了しました

施工完了です。おしゃれな茶色で良く馴染んでいます。 太陽の光がよく入り、広々としていて心地が良いです。
入口を段差にすることによって利便性が生まれます。

ウッドデッキ事例一覧はこちら

Instagram

    LINE@友達登録キャンペーン

    横浜のウッドデッキ専門店Monstarts(モンスターツ)のこだわり